本文へスキップ

西宮市で坐骨神経痛は甲東園駅徒歩1分の整体院HALへ

TEL 0798-55-8805 予約制/保険外施術

〒663-8003 兵庫県西宮市上大市1-10-9 CASAESPIRAL 2階

トップイメージ

当院のおすすめポイント

坐骨神経痛

歩行にも支障をきたす痛みや痺れ

40歳、50歳を過ぎて中高年になると、身体を支えている骨や関節、筋肉、靭帯などが衰えてくるため、腰痛を慢性的に訴える人が増えてきます。若い人でも、無理な姿勢や激しい運動などが原因で腰痛になって、お尻や太腿や脚(足)などに痺れや痛みを感じることがあります。

一般的に、腰からお尻、太腿の裏や膝下の外側、ふくらはぎ、脛、足先にかけての痛みや痺れの症状が起こると「坐骨神経痛」と呼ばれます。坐骨神経という太い神経が腰から足先にかけて走行して、その神経に痛みや痺れが生じている神経痛なので、坐骨神経痛と呼ばれます。

逆に、太腿の前側から外側面にかけての痛みやしびれは「大腿神経痛」と呼び坐骨神経痛とは異なります。

ちなみに、坐骨神経とは、総腓骨神経と脛骨神経が合わさった神経の総称です。正確には5本の神経で構成されており、それらは下部脊椎の左右で合流します。さらに正確に言うと、第4~第5腰椎からの神経と第1~第3仙骨神経が1つの束になっている親指ほどの太さのある神経を言います。

坐骨神経の走行

《坐骨神経痛》

多い訴えは、臀部から太腿の後ろ側、ふくらはぎにかけての鋭い痛みや痺れです。

坐骨神経痛の特徴の一つに、天候によっても痛みや痺れの度合が変化します。たとえば、ジっとしていても起こる激痛や比較的鈍痛、特定の動作時に起こる痛みや痺れなどがあります。

腰の骨(腰椎)に異常がない場合の多くは、股関節やお尻の筋肉に異常をきたしていることが多く、改善スピードも短期ですむのですが、腰椎に異常があるような「腰椎椎間板ヘルニア」や「腰部脊柱管狭窄症」の場合は、根気強く改善させていく必要があります。

痛みや痺れの程度にもよりますが、初めの頃は我慢してしまう人が多く、症状を悪化させてしまうことが多いです。

坐骨神経痛の発症は、年齢にもよりますが、大半が日常生活における姿勢が原因です。たとえば、毎日同じ姿勢を長時間とっているドライバーやデスクワークの人は坐骨神経痛を発症しやすいです。

最初は軽度の坐骨神経痛であっても、仕事だからと我慢し続けていると、ヘルニアや脊柱管狭窄症といった状態にまで悪化し、歩行困難など日常生活に支障をきたすほどになります。

《坐骨神経痛の特徴》

■激痛もあるが、比較的鈍痛が多い
■しびれ、痛みは特定の動作に伴う
■常に不快感が伴う
■段ボールの上を歩いているような違和感を足裏に感じる 等々。

ぎっくり腰や腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症が原因で激痛が襲ってくることがあります。

しかし、初期の頃は、我慢できない痛みではないことや、体重をかけたり、歩いたり、限定的な動きをした時に痺れたり、何となく気持ち悪い程度の感覚のため、我慢してしまう人が多く、症状を悪化させてしまうケースが多いです。

坐骨神経痛は、筋肉や骨の強度が衰えてくる中高年に最も多く見られる症状ですが、最近では長時間のデスクワークや運転など姿勢の悪さに伴って、若い人の発症も急激に増えてきています。

痛みや痺れが悪化すると、歩行に支障をきたし、足に体重を乗せただけで激痛が走って一人では歩けなくなってしまうことも多々あります。

坐骨神経痛イメージ

《坐骨神経痛の原因》

原因は年齢によっても違いますが、姿勢の悪さによる重心の偏りにより、梨状筋症候群、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症などを発症することにより起こります。

坐骨神経痛の多くは、日常の姿勢の悪さと加齢による骨や筋肉の劣化が組み合わさって起こります。しかし、脊椎や脊髄、骨盤内の「癌」により坐骨神経痛を起こすこともあるため、坐骨神経痛かなと思ったときはまず、病院にて検査してみることをオススメします。

《梨状筋症候群》

坐骨神経の上に被さっている梨状筋という筋肉が緊張状態(筋肉が硬くなる)になると、坐骨神経を圧迫するため、神経の走行に沿って痛み(坐骨神経痛)が走るようになります。

足を組んで座る癖があったり、一方に重心をかけて立っていたりすると起こりやすくなります。

《腰部脊柱管狭窄症》

中高年になると、脊柱管(つまり背骨)が老化で変形したり、脊柱に付く靭帯が厚くなり、脊柱管が内部が狭くなる「腰部脊柱管狭窄症」を発症させる人が増えます。この病気は、身体を後ろに反らすと痛みが出たり増すことが特徴です。

この腰部脊柱管狭窄症は、50代を超えた中高年者に多く見られ、脊柱管内部(神経の通る背骨内部の空洞部)が狭くなり、神経が圧迫されて腰痛や下肢痛(坐骨神経痛など)が起こります。

日常生活では、高いところにあるものを取ろうと背を反らすと痛くてできない、真っすぐ立っていられない、歩くときの姿勢が前屈みになる、長時間歩けない、ゴルフで1ラウンド回るのがツラくなるなどの不自由が起こります。

腰部脊柱管狭窄症が進むと、間欠跛行(かんけつはこう)という歩行障害が起こることがあります。しばらく歩いていると足の痺れや痛みが増して歩けなくなり、その場に座ったり、しゃがんだりしているうちに痛みがおさまって、また歩けるようになる症状です。

痛みがおさまるのは、座ったりしゃがんだりするとような身体が前屈みになる姿勢で、脊柱管の神経を圧迫している箇所が拡がり緩むためです。圧迫が緩み、神経が解放され、血流がよくなるので痛みが減るからです。

一方、若い人に多い坐骨神経痛は、腰椎椎間板ヘルニアによるものです。

《腰椎椎間板ヘルニア》

20歳を過ぎると、腰椎椎間板ヘルニアになる人が増えます。脊柱管の中に飛び出した椎間板ヘルニアが神経を圧迫すると、若い人でも坐骨神経痛や腰痛を招きやすくなります。

腰椎椎間板ヘルニアは、日常生活でのさまざまな姿勢や動作、運動などがきっかけとなって腰椎に強い力や衝撃が加わったことが原因で発症します。しかし明らかな原因がないことも多いのです。

このヘルニアによる症状は、腰痛の他に、足の痺れや痛み、麻痺が現れます。おそらく、脊椎の椎体(背骨を構成する骨)と椎体の間にある椎間板(衝撃吸収材のようなもの)が、20歳を過ぎると老化し始め、弾力性を失うことが原因だと言われています。

弱くなった椎間板が耐久の限界を超えてしまうことで、椎間板の内部中心にあるゼリー状の髄核が脊柱管の外側に押し出され(ヘルニア)、神経を圧迫している状態が椎間板ヘルニアなのです。神経を圧迫することで坐骨神経痛が発症します。

椎間板ヘルニアになると、靴下を履いたり、ソファなどの柔らかい椅子に座る、下着を着る、立ち上がる、物を拾うなどの前屈みになる動作のときに痛んだり、痛みが激しくなったりします。

腰椎椎間板ヘルニアは、何年もかかって脊柱管の狭窄が徐々に起こり症状を出す腰部脊柱管狭窄症とは、病態も痛みの性質も異なります。

ただし、腰部脊柱管狭窄症に新たに椎間板ヘルニアが併発し、痛みや痺れを強くする場合もあります。偏った食生活、運動不足、デスクワークや車の運転などずっと同じ姿勢でいるといった生活習慣が、年齢による自然の老化と合わさって、脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアを発症させていると私は考えます。

《腰椎すべり症》

椎骨同士の並びにズレが起きた状態を「すべり症」と言います。

一般には椎骨が前方へ階段状にズレますが、椎間板や椎間関節の加齢変化が原因となって起こるものと、脊椎分離症といって、若いころからの椎骨の関節間部という部位の骨の欠損が原因となって起こるものとがあり、前者を「変性すべり症」、後者を「分離すべり症」と言います。

「分離すべり症」では、脊柱管の強い狭窄はあまり起こしませんが、変性すべり症は椎骨の並びがズレた部位で脊柱管のスペースも階段状になり、強い狭窄を起こすことになります。

「変性すべり症」は第4腰椎に起こることが多く、男性より女性に多く見られ、症状はすべり症のない腰部脊柱管狭窄症と同じで、腰部脊柱管狭窄症の一部ということになります。

《変形性腰椎症》

加齢変化を起こした腰椎病変の総称です。レントゲン写真で、椎間板の厚みの減少や骨棘(骨のトゲ)が椎体の辺縁や椎間関節部に見られると、「変形性腰椎症」という病名がつきます。

症状は様々で、「腰部脊柱管狭窄症」もこの病気の一部ということになります。

《腰椎椎間板症》

椎間板の加齢変化などはあるものの、はっきりとした椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症の状態がないもので、慢性的な腰痛や下肢の痛みや痺れがある状態のものに「腰椎椎間板症」という病名がつけられることがあります。

症状の悪化や自然軽快が繰り返すものの、あまり重症にはならないものに「腰椎椎間板症」とつけられます。

《変性側弯症》

椎間板や椎間関節の加齢変化により、腰椎が横に曲がる湾曲を呈したものを言います。「変形性腰椎症」の高度なものですが、湾曲の程度と症状の程度は必ずしも比例しません。

脊柱管の狭窄は併発することもしないこともあり、併発すれば「腰部脊柱管狭窄症」と診断されます。もし併発するれば、痛みや痺れを取り除くことは難しくなります。

《後縦靭帯骨化症》

脊柱管の前面にある後縦靭帯が骨化し増殖した状態です。脊柱管の狭窄が起こることもありますが、症状の有無や程度はさまざまです。症状がある場合のみ、「腰部脊柱管狭窄症」と同様に治療の対象となります。

頚椎や胸椎に起こる後縦靭帯骨化症は、重篤な脊髄麻痺の症状を起こすこともありますが、腰椎に起こった場合は重症になる確率は低いと言われています。

《坐骨神経痛を伴なう他の病気》

《閉塞性動脈硬化》

50歳以上の男性に多く発症し、腹部の大動脈分岐より下の動脈の内腔が動脈硬化により狭くなり、下肢への血液の流れが障害される病気です。シビレ、冷感、痛みなどが現れ、間欠跛行を起こすこともあります。

《パージャー病》

別名「閉塞性血栓血管炎」とも呼ばれ、細い動脈に慢性炎症が起こり、血流が障害される病気です。手にも出ることがあり、20~40歳代の比較的若い男性に起こりやすいです。

《化膿性脊椎炎》

腰椎に細菌がつき化膿性炎症を起こした病気で、細菌でも結核菌がついた場合は「脊椎カリエス」と呼ばれます。これらは脊椎の骨や椎間板に破壊が起こり、神経根や馬尾神経が刺激され、腰から下肢にかけて痛みを生じます。

《腰椎の腫瘍》

骨は破壊されて神経が刺激され、腰から下肢にかけての痛みや麻痺がおこります。多くは癌の転移によるものです。

《馬尾神経腫瘍》

馬尾神経の一部からできる腫瘍のことを言います。腫瘍が小さいうちは症状は出ませんが、大きくなると馬尾神経全体に圧迫がおこり、下肢に響くような強い痛みや麻痺が現れます。

《多発神経炎》

いろいろな原因で手足の末梢神経に多発的に炎症が起こり、シビレや痛み、筋力低下などの神経症状が起こる状態を言います。膠原病や糖尿病、長期のアルコール摂取、ある種のビタミン欠乏などが代表的原因です。

《腓骨神経麻痺》

膝の外側に腓骨頭という骨の出っ張った部分があり、その後ろに腓骨神経と呼ばれる神経が走っています。この神経が圧迫されると腓骨神経麻痺を起こします。痛みはほとんどありませんが、足首が持ち上がらない、足指が反らない、足の甲が痺れるなどの神経麻痺がおこります。

まずは病院で検査を!

坐骨神経痛のほとんどは、椎間板ヘルニアや変形性腰椎症、脊柱管狭窄症、すべり症、脊椎の癌などのために、坐骨神経痛が圧迫や刺激を受けていることが原因です。

まれに、「糖尿病」や「リウマチ」「動脈硬化症」「アルコール依存症」などで現れる症状の一つに、坐骨神経痛があります。

一方、原因のはっきりしない坐骨神経痛もあります。坐骨神経は長く、皮膚に近いところを走っているため、寒さや圧迫などの障害を受けやすく、その場合は画像診断ではわからないので原因がはっきりしません。

坐骨神経痛になると、安静時でも、太腿から足の裏までに痛みを感じることが多く、身体を曲げると痛みが強くなります。咳やクシャミをしても、痛みや痺れが脚に走ります。

脚(足)の痛みや痺れで歩行障害などが現れることがあります。

仰向けに寝て膝を伸ばしたまま足を天井方向に上げる動作をした時に、痛みや痺れで90度まで足を上げることができない(ラセーグ)状態が見られます。

坐骨神経痛が現れたら、まずは病院にて検査してみることをオススメします。

座骨神経図

《病院では》

坐骨神経痛の原因となる病気があれば、その治療を行います。原因となる病気が見つからない場合は、第一選択肢として、保存療法が適応されます。

保存療法には、痛みや痺れを抑制するためにの注射薬や内服薬、湿布などの外用薬などを処方する「薬物療法」、痛みを起こす神経を局所麻酔薬で麻痺させ痛みをなくす「神経ブロック療法」などが主体となります。

加えて、コルセットなどを装着する「装具治療」、体操や温熱、低周波電気刺激、牽引、マッサージなどを行う「理学療法」なども行われます。

保存療法では十分な症状の改善が得られず、日常生活や仕事への支障が大きい時は、外科的手術が選択肢と検討されます。ただし、手術すれば100%改善するということでもありません。

1000件の手術に対し1件ほどの割合で、重篤な神経合併症や死亡が起こっていることも理解しておくことが必要です。

また、手術で改善されやすい症状は「痛み」であり、あまり改善されないのは「シビレ感」です。

《家庭では》

痛みや痺れがある時は、とにかく安静にすることが大切です。

下半身を冷やさないようにして、食べる物も刺激物を避け、ビタミンが豊富な食事を心がけましょう。

西宮甲東園整体院HALでは

整体症例の説明漫画

下矢印

坐骨神経痛施術動画

当院では、坐骨神経を圧迫する筋肉や脊柱の詰まりは関節のズレによるものだと考え、医療機関でも用いられるAKA療法を取り入れた骨格調整を行います。

主に、仙腸関節や腰、股関節などの歪み・ズレを解剖学的に正しい位置へ戻すことで、筋肉をゆるめ、詰まりを広げ、圧迫されてしまった神経を解放し、痛みやしびれのない状態へと回復させます。

ただし、歩行に支障をきたすような激しい痛みの場合は、通常よりも症状が悪化しているため施術回数が長引くことをご理解いただいたうえで、当院へお越し下さい。

歩行に支障をきたすような坐骨神経痛でなければ、当院の施術により短期間で坐骨神経痛は改善されます。

もし、どこへ行っても一向に痛みや痺れが取れないとお悩みなら、是非、西宮甲東園整体院HALへお気軽にご相談ください。

《参考:神経領域》

ちなみに、下記図はデルマトーム呼ばれ、どの神経が体の皮膚のどの領域の感覚を支配するかを示しています。下肢の場合、主にL1(腰椎1番)、L2(腰椎2番)、L3(腰椎3番)、L4(腰椎4番)、L5(腰椎5番)が腰からの神経の領域になります。"S"は仙椎、"T"は胸椎を指しています。

痛みやしびれのある部分から、どの箇所の神経が圧迫されているのかがわかります。例えば、膝裏辺りに痛みやしびれを感じているのであれば、S1(仙骨1番)かS2(仙骨2番)あたりの神経が圧迫されている可能性があります。

ご参考までに。

デルマトーム


≪坐骨神経痛を起こす主な疾患≫

腰椎分離症/すべり症

腰椎椎間板ヘルニア

腰部脊柱管狭窄症

梨状筋症候群

≫ 坐骨神経痛


"短期改善・早期回復"を望む方へ
当院は整骨院ではなく整体院です

誤解のないよう注意書き


電話予約
ネット予約
LINE予約

営業時間

office hours

《営業日》

business days

施術の大まかな流れ

施術の流れ

【詳しい施術の流れ】

施術料金

施術料金

【施術料金・キャンセル】

阪急今津線 甲東園駅徒歩1分

当院までの簡易地図


坐骨神経痛を診る西宮甲東園整体院HAL

〒663-8003 兵庫県西宮市上大市1-10-9 CASAESPIRAL 2階

TEL: 0798-55-8805

受付時間
平日:9:00 ~ 20:00(21:00終了)
土日:9:00 ~ 17:00(18:00終了)
祝日のみ休業/臨時休業あり

阪急今津線 甲東園駅東口から徒歩1分
西宮北口駅より電車5分/宝塚駅より電車10分

【詳細なアクセス】

外観写真

入り口写真

院内写真1

院内写真2

施術ルーム写真


お気軽にお電話ください

電話でご予約やお問い合わせ

「西宮甲東園整体院HALです」と電話にでます。

「坐骨神経痛なので整体を受けたい」とおっしゃって下さい。

[坐骨神経痛の症状][お名前][ご希望日時][電話番号]を順にお伺い致します。

お問い合わせやご相談だけでもOK!お気軽にお電話ください。


電話予約
ネット予約
LINE予約

フッター画像

〒663-8003 兵庫県西宮市上大市1-10-9 CASAESPIRAL 2階


院長紹介

プロフィール

プロフィール写真
1972年生まれ
HARU

高校時代に父が脳卒中で倒れたことをきっかけに、医師になりたいと、アメリカの大学(4年間)&メディカルスクール(4年間)へ留学しライセンスを取得。

阪神淡路大震災の影響を受けて帰国後、手術以外の方法で患者を改善させたいという想いから、整体/カイロプラクティックの道を志す。

モットーは「絵画修復士の如く緻密に身体を修復する!」

詳細を読む


西宮院の店舗情報

西宮甲東園整体院HAL

〒663-8003 兵庫県西宮市上大市1-10-9 CASAESPIRAL 2階

TEL. 0798-55-8805
LINE ID. @izm2620a
平日:09:00-20:00
土日:09:00-17:00
定休:祝日

阪急今津線「甲東園駅」東口から徒歩1分
西宮北口駅~電車5分/宝塚駅~電車10分


\本ページをシェアする/
facebook share button twitter share button line share button hatenabookmark share button

電話予約・お問い合わせ メール予約・お問い合わせ ライン予約・お問い合わせ